« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月13日 (火)

どうも、
カーテンが未だにベッドシーツ、
青木一平です。
もう引っ越して半年以上経ってるんですけどね。

いや~話は変わりますが、
ひどい、ひどいぞ!
俺!!!

ここまでブログ更新しないかね!?

気付けば総理が変わっちゃったよこの間に!
上島竜兵みたい人に。


でも本当に色々なことがありましたね。
僕の中でこの期間は『涙』でした。

特に印象深かったのは、
なでしこジャパンWカップ優勝。
これだけ人の心を動かした出来事はなかったと思います。
まさにスポーツがなせる感動。
様々な事象が偶然か必然か運命的に絡み合い、
あのようなドラマチックな展開を呼び
日本国民に勇気を与えたと俺は思っています。
その中心にあったのが大地震だと。
とにかく感動の涙でした。

あとは松田直樹選手。
面識はないですけど、ずっとテレビで見てた人。
『6月の勝利の歌を忘れない』
俺の大好きなDVDですが、これを見てもっと好きになりました。
みんなそうだと思うけど、今でも死んだという現実が信じられません。
悲しみの涙でした。

そしてプライベートでは、
お盆に実家の函館に。
何年かぶりに行った青木家と北村家の墓。
母さんを乗せて東山のホテル街を通らないと行けないという
難関を突破してお参りしてきました。
ってこの歳になると別になんとも思わないけど。笑

その後はジョンソンの墓参り。
場所は街からかなり外れた山沿いの道脇、
ちょうど母校のサッカーグランドの下くらいにありました。
立派な石碑のようなものが建っていて、
後ろには骨を入れるドアみたいなのもありました。
正直保健所の方に任せたとはいえ、
ちゃんと火葬されて供養されているのか気になっていたけど、
ちゃんとこの中で安らかに眠っているんだなと思うと
安心して涙が溢れてきました。

まわりは山に囲まれて緑、照りつける日差しにセミの声、
上は母校のグランド、目の前にジョンソン、
なんだか色々と昔の事を思い出しました。

悲しみではなく安心の涙。
顔は笑顔なんだけど涙。
なんかそんな涙でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »